住宅の内装解体で快適空間をゲット│快体工事で素敵ルーム

業者に依頼をする

エアコン工事のさいの注意点について

エアコンは、今や日常生活に欠かせない家電製品となっています。エアコンの取付または取り外しの工事は、電気工事者に依頼することが一般的ですが、電気配線さえ整っていれば、自力または専門のエアコン取付業者に依頼することも可能です。 エアコン工事で注意すべき点は、壁に穴を開ける必要があるという点です。通常、鉄筋コンクリートの建物であれば取付準備がなされている場合があり、穴を開ける必要がないことがほとんどですが、そうでない場合には穴を開ける必要があります。このさいに鉄筋を切らないようにしなければならず、このあたりを適切に行える業者を選ぶ必要があります。また木造でも室内機や屋外機の設置場所に配慮する必要があります。

エアコンの仕組みと取付・取り外しについて

エアコンは室内機と室外機からなっており、冷媒を使って熱交換を行って冷却または加温を行います。このさいに室外機と室内機は専用のエアコンホースで繋がれており、電気の供給は室内機から行っています。冷媒には以前はフロンガスが使われていましたが、現在では代替フロンが使われています。 新規に取り付ける場合の工事では室内機・室外機を取付、ホースでつなぐことでエアコンを作動させることができますが、取り外す工事を行うさいには冷媒を室外機に送り込んでおく処理をする必要があります。これは冷媒のガスが地球温暖化係数が高いものであるため、大気中に放出することが禁じられているためと、移設などで再利用する場合には、冷媒が十分に残っている必要があるためです。